フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年10月30日 (月)

谷川岳

谷川を歩くのは何年ぶりだろうか?

あいにくの霧雨の中の山行となった。

天神平ロープウェイ付近は霧の中で視界がない。

Img_4496

それでも頂上のトマノ耳には多くの山岳者が来ていました。

Img_4506_2

頂上をタッチしたら、直ちに撤退と、来た道を戻る。

Img_4509

さらに足を延ばして 伊吹山へ

伊吹山(標高1377m)

スカイテラスの駐車場(約1260m)から見た頂上付近。

歩いても約30分程で頂上に立つことができる。

Img_4372

植物を動物から保護するためのデフェンスとゲイトがある。

Img_4373

この辺、つまりは頂上付近は草花の宝庫で季節を楽しめるところです。

Img_4383

頂上付近からは眼下に琵琶湖が望めます。

Img_4397

琵琶湖湖畔の長浜市を眺めることができます。

Img_4398

山頂はなだらかな丘のようになっています。

Img_4403

気軽に来れるコースなのか、たくさんの人たちが訪れていました。

Img_4406

四国山旅の帰りは 長浜城・彦根城に立ち寄る

長浜城

戦国時代末期に豊臣秀吉が城主として過ごした。江戸時代前期に

廃城になり、遺構は彦根城や大通寺に移築されたとのこと。

Img_4419

長浜城の遺構として琵琶湖のほとりに「太閤井戸」が残っている。

Img_4424

国宝 彦根城天守

廊下橋(戦時には落とすと伝わる)

Img_4427

国宝 彦根城天守 附櫓及び多聞櫓(1607年頃に完成)

Img_4430

四国の山旅 石鎚山

西日本一の霊峰 石鎚山(1974m)を歩いてきました。

紅葉には早いが山歩きには最も適した季節です。

この日は薄曇りで頂上付近は”風強し”でした。

Img_4320

緑の中を成就社に向かって歩きました。

Img_4322

石鎚神社 中宮成就社(標高1450m)の神門で一枚

Img_4325

ゆるやかな坂を下って本格的な歩きとなります。

Img_4328

石鎚神社の遥拝の鳥居

Img_4332 

途中のクサリ場はきつく、力仕事でした。

Img_4335

さわやかな春ともなれば草花の美しさに

紅葉の時期なれば、色づく山に癒されよう

Img_4336_2

いやいや四季が織りなす山の美しさ、楽しみ方があるだろう。

Img_4348

瞑想しながら歩くうちに頂上に。そこは強風の世界だ。

石鎚神社頂上社 石鎚山(弥山)1974m

Img_4350

2017年10月29日 (日)

四国の山旅 祖谷のかずら橋

渓谷沿いに架けられているかずら橋

Img_4284

3年に一度橋の架け替えが行われているとのこと。

Img_4287

そこには山暮らしの人々の知恵と技が凝縮されていました。

Img_4291

今も自然にある材料を使って昔ながらのやり方で、手作業で大きな

橋を作っているのは日本でもここ祖谷のかずら橋くらいだという。

Img_4294

四国の山旅 かかしまつり

三好市の限界集落の旧名頃小学校付近で行われていた案山子祭り

テレビでも放映されていたのでご存知の方も多いいかもしれません。

Img_4298


Img_4301


Img_4304

Img_4307


Img_4309

四国の山旅 剣山

四国の屋根と呼ばれている剣山系の主峰「剣山」は、標高1955mで

西日本第2の高さを誇ります。

Dscf0961

登山口には鳥居が立っていました。

Dscf0962

天候に恵まれ楽しい登山ができました。

Dscf0966

頂上付近の風景


Dscf0974

山頂からは室戸岬、瀬戸内海、紀伊半島が遥かに見渡せますが、

この日は霞んでいてよく見えませんでした。剣山(太郎岌)頂上。


Dscf0983

四国の山旅(鳴門海峡)

久しぶりにブログを開いて、9月に出かけた四国の山旅を、

順番に書き込んでいきます。

鳴門大橋

Dscf0921

サービスエリアの大観覧車

Dscf0924

大観覧車付近から神戸方面を眺める

Dscf0925

淡路サービスエリアから見た大橋の全景

Dscf0927

渦潮の周辺を運行する遊覧船

Dscf0944

渦の道付近を運行する小型遊覧船

Dscf0945

2017年8月31日 (木)

磐梯山(1816m)・裏磐梯五色沼自然探勝路を歩く

8月29日、山仲間と磐梯山を歩いてきました。

Dscf0842

八方台登山口の駐車場

Dscf0840

登り口の登山道には「クマ』出没注意」の立て看板

Dscf0843

曇り時々晴れ間。木漏れ日が差し込むブナ林

Dscf0845

緑陰の中を歩く

Dscf0844

30分ほど歩くと、前方に中の湯跡が見え始める。


Dscf0846

荒れ果てた中の湯跡の小屋


Dscf0888

小屋周辺では湯が沸きだしていました。
Dscf0887

小屋を後にして登り始めると櫛ケ峰(1637m)が顔をのぞかせる。

Dscf0850

眼下遠くには檜原湖が見える。


Dscf0851

4合目 店OPEN

Dscf0854

頂上付近

Dscf0855

頂上にて記念写真

Dscf0865

下山コースのお花畑

Dscf0868

お花畑

Dscf0877

お花畑

Dscf0880

8月30日、裏磐梯の五色沼自然探勝路を歩きました。

Dscf0895

母沼

Dscf0892

父沼

Dscf0894

柳沼

Dscf0898

青沼付近で、何かの撮影隊


Dscf0899

青沼

Dscf0902

青沼

Dscf0905

瑠璃沼

Dscf0908

毘沙門沼


Dscf0915

毘沙門沼の鯉

Dscf0914

2017年7月23日 (日)

尾瀬を歩く

7月6日、鳩待峠~アヤメ平~尾瀬ヶ原~鳩待峠の一周コースをとりました。

幸い天気にも恵まれ、この時期、尾瀬は人も少なく、楽しいウォーキングとなりました。

●鳩待峠、至仏山が見える

Img_4093

鳩待峠のアヤメ平方面の登り口

Img_4095

自然の重みに耐えて、一回転して樹木は天空に向かって伸びる

Img_4099

ハトマチ通りの横田代付近の木道

Img_4100

振り向くと木道の先には至仏山(2228m)が聳えています。

Img_4116

中野原付近から見た双耳峰の燧ケ岳(2346m)
Img_4125

水をたたえる池塘の先に燧ケ岳

Img_4128

アヤメ平の木道で記念写真。 左後景には平が岳が見える。

Img_4134

ここからは尾瀬ヶ原の竜宮小屋に向かって下りていく

Img_4158_2

尾瀬ヶ原は人影も少なく、静かな湿原をひろげていました。

Img_4167

夏の青空のもと、チングルマのワタスゲがさわやかな風にゆられていました。

Img_4171

ニッコウキスゲが一輪、咲き始めたばかりでした。本格的な夏を

迎えて、これから満開の時期を迎えるはずです。

Img_4180_2

この時期はカキツバタがたくさん咲いていました。

Img_4182

«奥日光の自然の中を歩く