フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月15日 (木)

大王わさび農場

日本一広いわさび畑。面積は15ヘクタールもあり、

北アルプスの雪解け水が至るところから湧き出しています。

Img_2717

一日に湧き出す12万トンの水量は、一日に23万人が使用する水量。

畑には60万本のわさびが植えられていて、年間収穫量は約130トン。

Img_2708

手前には水車小屋が隠れています。この原風景は黒澤明監督の

映画「夢」のロケ地としても有名になっています。

蓼川(たてがわ)ではボートで遊ぶこともできます。

Img_2710

水流の中でフィッシャーマンたちが釣り竿を下ろしていました。

Img_2715

近くでは、クモが巣を張っていました。周辺にはたくさんの虫たちが

生息しており、クモにとってはいい環境なのでしょうね。

Img_2714

1917年に開拓をはじめた農場の歴史は100年になるとのことです。

田淵行男記念館

日本を代表する昆虫の生態研究家で自然写真家の記念館が

プラザ安曇野の一角に開館されています。

昆虫フィルムとともに蝶の細密画は見事でした。

でも、私にとっては、モノクロのリアルな北アルプスの峰々や

山岳写真に強く感じ入ることがありました。

Img_2707

田淵は「自分の目で観察し、疑問に思ったことは、自然をよく見つめる

ことで、答えを自分で見つけ出そうとした」とのことです。

自然から学び、読み取ることを、もっと大切にしていきたいと思います。

2016年9月11日 (日)

立山・黒部の高山植物

雄大な立山の峰々と北アルプスの山々を眺めながらの花々の競演、

それはそれは見事でした。できれば最盛期に訪れたいと思いを強く

しました。

チングルマの綿毛、その先には黒部湖が見えます。

Cimg4979

標高の高い湿原に咲くチングルマ(綿毛)の群生地

Cimg4980

オンダテ

Cimg4870

イワギキョウの群生地

Cimg4976

岩場に咲くイワギキョウ

Cimg4939_2

ツメクサ

Cimg4882

アキノキリンソウ

Cimg4883

トウヤクリンドウ

Cimg4892

タテヤマリンドウ

Cimg4927

ハクサンフウロ

Cimg4930

ミソガワソウ

Cimg4931

タテヤマアザミ

Cimg4932

ウサギギク

Cimg4948

タカネニナガ

Cimg4954

オオヤマリンドウ?

Cimg4956

ハハコグサ

Cimg4984

オンダテの群生

Cimg4987

イワオトギリ

Cimg5035

ヒメシャジン

Cimg5036

ミヤマヨメナ

Cimg5071

シラタマノキ

Cimg4996

オオカメの木の実

Cimg5034

6月の雪どけとともにチングルマやウルップソウの群生を、

7月には幻の花、ヒマラヤの青いケシやエーデルワイスなどを

見てみたいと思います。そして、この時期コマクサなどの赤い花を

見ることができなかったのは、ちょっとさびしい気分です。

2016年9月10日 (土)

立山・黒部

8月24日(水)~27日(土)立山・黒部を歩いてきました。

<一日目>

扇沢から立山黒部アルペンルートで室堂ターミナルへ

黒部ダムは世紀の大事業として語り継がれています。

Cimg4853_5

迫力のある観光放水に虹がかかっていました。

Cimg4854_2

黒部ケーブルカーは満員の人でにぎわっていました。

Cimg4859_2

トロリーバスに乗って室堂(2450m)に、そこから歩き始めました。

Cimg4860_2

室堂平から高山植物の花々を眺めながら一の越に向かう。

Cimg4869

一の越山荘の目前には立山の主峰雄山が鎮座しています。

Cimg4886

小屋に荷を下ろし、ナップザックで雄山(3003m)をアタックしました。

Cimg4907

雄山の後景には大汝山(3015m)が控えています。

Cimg4908景色

下山途中の眼下に見える一の越山荘

Cimg4919

<二日目>

一の越山荘前

Cimg4920

浄土山を右手に見ながら竜王岳方面に向かう。

Cimg4923

~竜王岳付近(2872m)

Cimg4926

立山の峰々、頂上小屋が見える。

Cimg4960

幸いに天気に恵まれ、涼風の中での山歩きとなりました。

Cimg4962

眼下に黒部湖を眺めながら稜線を歩きます。

Cimg4969

霧が晴れて目前に突然現れた五色が原山荘

Cimg5000

三日目

午前5時27分日の出、朝日が昇り始める。

Cimg5015_2

北アルプスの峰々を眺めながら歩きました。

Cimg5018_2

木道の両側には咲き終わったチングルマが広がっていました。

Cimg5020_2

見事としか言いようがない五色が原のチングルマの群生地

Cimg5024_2

刈安峠(1951m)

Cimg5043_2撮った

平の小屋から撮った黒部湖

Cimg5048

黒部湖畔沿いの木段のアップ・ダウンが続きます。

Cimg5055_2

自然のいたずらか、雪の重みに耐えながら逞しく生きる。

Cimg5056

沢をわたり返しながら目的地をめざします。

Cimg5061

三日目の泊りのロッジくろよん

S003541_2_o1

その夜は、中国人の家族連れグループと中国から一人で日本に

来たという若い女性との交流は忘れられない想い出となりました。

Cimg5070

<四日目>

ロッジくろよん~黒部ダム駅をめざし歩きました

Cimg5072

黒部ダム駅からはトロリーバスに乗って扇沢までの道のりでした。

Cimg5074

2016年9月 9日 (金)

中国東北部を訪ねる

8月17日~22日まで瀋陽・哈爾浜・大連などを訪問見学してきました。

撫順平頂山惨案記念館

Img_2372

撫順戦犯管理所       

Img_2415

9.18事変歴史博物館

Img_2471_2

高速鉄道(新幹線)の時代に入り快適な旅が楽しめます。            

Img_2543

時速305㎞で走っていました。

Img_2544_2

オフィースビルやアパートが林立する哈爾浜(ハルビン)の街

Img_2550

侵華日軍731部隊罪証陳列館

Img_2556

731部隊の建物は証拠隠滅のため破壊されました。

一部残された凍防実験室

Img_2584

哈爾浜駅に設置されている安重根記念館

Img_2632

日本人残留孤児養父母親睦会の方々と交流をしました。

Img_2657

大連港は静かにたたずんでいました。

Img_2699

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »