フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

北部市民「友の会」

2014年10月26日 (日)

河口湖方面バス旅行

10月24日(金)バス旅行に出かけました。

忍野八海、河口湖ミュージアム【与勇輝(あたえゆうき)館】、西湖いやしの里根

場、久保田一竹美術館などをめぐって来ました

忍野八海 お釜池

Cimg3957_3

Cimg3958_4

紅葉は峠を迎えていました。

Cimg3961_3

近くの有料庭園を外から眺めたものです。

Cimg3964

河口湖ミュージアム(与勇輝館)

後景には富士山、右手前には河口湖の水面が見えます。

Cimg3990_2

与勇輝館前には障がい者団体の皆さんが訪れていました。

Cimg3991

富士山が良く見えるスポットで眺望しました。

Cimg4002_2

西湖、紅葉台、富士山の3段の景色がひろがります。

Cimg4004

河口湖からの夕方の富士山は霞んで見えます。

Cimg4016

2014年2月 8日 (土)

友の会「新年会」

2月1日(土)深谷市内の割烹料理「新楽」で友の会「新年会」が開催されました。

当日は、春を思わせるような陽気の中、24名の会員が参加し楽しいひと時を過ごしました。

Img_1766

内田登志雄さんから開会あいさつをいただきました。

Img_1712

金子晴美さんの三線(さんしん)演奏で「涙そうそう」などを唄いました。

Img_1738

植木正子さんからはお子さんやお孫さんのことで「一つの区切りがついたところで」

入会させていただきましたと挨拶をいただきました。

Img_1758

コープネットフーズの社長として活躍する野口祝彦さんからは、

冷凍食品の農薬混入問題やノロウィルス対策で緊張する現場の最新情報や

生協の現状についてお話しいただきました。

Img_1747

写真は左から兵田三枝子さん、挨拶する鈴木智祐さん、森良枝さん。

鈴木さんからは、友の会の運営などについて貴重な意見をいただきました。

Img_1759

お開きとなって、別れを惜しみ挨拶を交し合う皆さん。

写真左から金子晴美さん、斎藤紋子さん、原口瑠璃子さん、植木正子さん、

原口久枝さん、土屋(旧姓横山)睦子さんです。

Img_1768_2

秋のバス旅行、来年の新年会で、また、お元気でお会いできることを楽しみにしています。

みなさん!健康に留意しご活躍ください。

2013年10月26日 (土)

雨の中のバス旅行

10月20日(日)~21日(月)、一泊の友の会バス旅行に出かけました。

総勢16人で成田山、香取神宮、銚子ジオパーク、灰干しの兆星㈱の製造工程、

鹿島神宮を見学してきました。

Cimg1113

成田山の信徒をお迎えする総門(正門)、2008年建立。

Cimg1093

大本堂、1968年建立。護摩祈願を行う中心の道場です。

Cimg1095

本堂から三重塔(重文)、1712年建立。「十六羅漢」の彫刻は見事です。

Cimg1098

香取神社は関東地方を中心として全国約400社ある香取神社の総本社です。

古くから国家鎮護の神として皇室からの崇敬が厚いところです。

Cimg1102

本殿は改装中でした。

Cimg1105

この地は古くから信仰の場として保護されてきたためスギやマキなどの

巨木が林立しており、緑陰の景観をつくっています。

Cimg1112

民宿犬若は外川(とかわ)漁港に面して建てられていました。

Cimg1115

外川漁港。そこには千騎岩(せんがいわ)があります。

Cimg1134

千騎岩は千葉県指定天然記念物で高さ18m、周囲400mの巨大な岩山

として、外川漁港の西岸にあります。

Cimg1129

また、犬岩(いぬいわ)もあります。ふたつの耳をすっくと立てた岩塊は、

一見して犬とみえます。この名前は義経伝説に由来しています。

千騎岩・犬岩ともに約1億5,000万年前(中世ジュラ紀)地層でできています。

Cimg1119

地球の丸く見える丘展望館から太平洋の海原から銚子半島を見渡しました。

半島の南西海岸には、高さ35~55mの海食崖・屏風ヶ浦がひろがっています。

Cimg1138

白亜の灯台・犬吠埼(国登録有形文化財)

Cimg1143

灰干しの兆星(㈱)の加工工程を見学させていただきました。

Cimg1147

昼食は銚子市内の常陸(ひたち)で新鮮な魚料理でとりました。

Cimg1153

鹿島神宮大鳥居の再建が予定されています。

Cimg1169

鹿島神宮

Cimg1166

  • 奥宮。社殿は慶長10年(1605年)徳川家康による関ヶ原戦勝時の御礼として
  • 奉納されたものです。国の重要文化財。
  • Cimg1162_3

    シイタケの原木になる椎の木、樹齢800年。

    Cimg1167

    2013年5月13日 (月)

    内田登志雄さんの定年退職を祝う会

    5月12日埼玉グランドホテル深谷で開催しました。

    当日は旧北部市民生協の関係者34名が参加しなごやかに行われました。

    (全員の集合写真“ワイワイガヤガヤ”の準備に入ったところです。)

    Img_0543

    ホテルの3階会場前に設置された受付の様子

    Img_0444

    当日の司会は笹井昇子さん・黒沢敏明さんのコンビで進められました。

    Img_0465

    世話人会を代表して「長い間お疲れ様でした」と挨拶する新井千明さん

    Img_0468

    内田さんのこれからを祝して乾杯の音頭をとる鈴木智祐さん

    Img_0471_2

    当日の参加者の皆さん

    Img_0532_3

    Img_0533_2

    旧北部市民生協時代の内田さんのことに触れながら挨拶する野口祝彦さん

    Img_0504_2

    当日の女性陣の参加者の皆さん

    Img_0483

    沖縄民謡「安里屋(あさどや)」を踊る女性陣のみなさん

    “さ~君は野中のいばらの花か さ~ユイ ユイ”

    Img_0508_3

    立島敏正さんは、八代亜紀「雨の慕情」で登場し

    雨 雨 ふれふれ もっとふれ・・・」で会場を沸かせました。

    Img_0518_2

    土屋(旧姓横山)睦子さんから内田さんに蘭の花の贈呈がありました。

    Img_0537_2

    内田登志雄さんからは返礼の挨拶がありました。

    生協で働いてきた32年間の苦労と喜びが交々と語られました。

    Img_0531

    斎藤鳳輔さんの閉会のあいさつで祝う会は終わりました。

    Img_0540

    あらためて内田さんを中心に全員集合の写真です。

    Img_0549

    ご参加いただいた皆さん!都合で参加できなかった皆さん!

    ありがとうございました。

    2013年2月 6日 (水)

    旧北部市民生協「友の会」新年会

    友人が撮ってくれた写真で、遅ればせながらの新年会のブログです。

    1月26日(土)深谷駅前の居酒屋いろはのゐで開催しました。

    Dscf8860

    今年は会員数51名のうち27人の仲間が参加しました。

    Dscf8868

    2009年のアップルファームさみずバス旅行を出発点に始まった友の会です。

    Dscf8907

    新年会と秋の旅行の年2回の行事も今年で4年目に入っています。

    2012年11月11日 (日)

    下仁田の友人を訪ねて

    10月25日、西上州の山々に囲まれた大自然の懐で、畑を耕し、野菜をつくり、生活している斎藤鳳輔さんの家を友の会のメンバー7人で訪ねました。

    自宅裏には盆栽の庭、ニラやネギを栽培する畑が広がっていました。Cimg7433

    南牧村・上野村に向かう街道筋にある斎藤鳳輔さんの自宅居間に案内され、湯茶の接待を受けながら、下仁田町の歴史や文化、産業、農業についての話をお聞きしました。Cimg7421

    自宅から離れた山裾の畑に案内いただきました。畑とはいえ、放棄地をトラクターで耕し、掘り出された石は、イノシシ、シカ対策のフェンスの所で石垣になっていました。ともかく、狐がピョンピョン、ハクビシン、クマも時に現れるとか・・・。Cimg7427

    下仁田ネギの栽培。この地域でしか取れない美味しいネギです。Cimg7428

    畑の野菜栽培の苦労を語る斎藤鳳輔さん。右手には四ツ又山が見えます。Cimg7429

    ニラ栽培。ニラはビタミン・ミネラルの豊富な野菜です。刈取り、きれいに揃えて、束ねる手間は手作業の連続です。その苦労をいただいて食べるものだと実感しました。Cimg7430

    ヤーコンも栽培。葉はお茶に、根茎は梨のように甘く、シャキシャキした食感が特徴で、煮ても、焼いても、漬物にしてもおいしいと鳳輔さんは教えてくれました。Cimg7426

    畑の一角にある鳳輔さんの作業場の小屋。なかを覗くと、ニラ袴ムキ機「にら坊」が置かれていました。小屋の隣には保冷庫が設置されニラを6度で管理しているとのことです。Cimg7435

    下仁田市街のコンニャク料理で有名な常盤館で斎藤夫妻を招いての昼食となりました。Cimg7440

    帰りには、あけび、いちじく、味噌のしそ巻き、梅干し、炭うどん、ニラなどのお土産までいただき、友情と自然の恵みに感謝し帰って来ました。

    2012年9月25日 (火)

    信州耕藝夢羅を訪ねて

    9月18日(火)長野県山ノ内町の信州耕藝夢羅の生産者たちをバス旅行で訪ねました。この日は総勢23名のメンバーで楽しく行ってきました。Img_3395

    高社山(1351m)の裾野に広がる畑地には、りんごやぶどうがたわわに実っていました。眼下には、善光寺平(中野市)が広がって見えます。Img_3373

    早生のりんご「つがる」は、真っ赤にほほを染め木々の小枝に実をつけていました。大自然の中で育ったサクサクとした甘みのある味は格別でした。Img_3391

    りんご狩りしたりんご(つがる)を段ボールにつめる参加者のみなさんImg_3389

    ぶどう「巨砲」は、一房の大きいこと、手に取ると、そのずっしりとした重さに、さすがぶどうの大様を実感します。その味覚の甘さとみずみずしさには感動です。Cimg7150

    今回のバス旅行には、大谷さんと鹿島さんが初めて参加されました。Img_3367

    昼食は、北信州の自慢「須賀川そば」に天ぷらが付きました。郷土食で伝統のある上品なそばの味には、またまた感動でした。Img_3400

    昼食には生産者の皆さんも参加され、食べながら、飲みながら、交流しました。生産者の一人長沢さんは熊谷市新堀の出身で農業に身を投じ頑張っておられます。その彼が、何と原口久枝さんの娘さんと同級生であることがわかり、驚くやら感動でした。(写真:代表の佐々木さん左上、下右が長沢さん)

    Img_3429 Img_3414 Img_3415

    Img_3419 Img_3421

    信州耕藝夢羅の皆さんとは、代表の佐々木さんをはじめ40年来のお付き合いをいただいています。人と人との縁やつながり、その大切さを改めて実感した旅でした。Img_3393_4