フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

山行

2017年6月20日 (火)

奥日光の自然の中を歩く

6月16日・17日 奥日光の自然の中を歩いてきました。

一日目 戦場ヶ原赤沼~小田代原~西の湖~千手が原~バス停

赤沼の分岐

Dscf0663_4

湯川の清流 竜頭の滝を経て中禅寺湖にそそがれます。

Dscf0665_4

戦場ヶ原の展望台 遠景には右から男体山、大真名子山、

子真名子山、太郎山、山王帽子山が連なります。

Dscf0682_4

この時期 蓮華つつじが満開を迎えていました。

Dscf0686_3

小田代ヶ原を経て森林の中を歩きます。

Dscf0691_2

コメツガなどの針葉樹の森林のなかを木漏れ日が差し込みます。

Dscf0697_2

外山沢川の鉄橋をわたります。

Dscf0699_2

西の湖 静かな湖畔でランチタイムをとりました。

Dscf0702

千手が浜のクリンソウ

Dscf0708

今年は天候の加減か、寒かったようで花の付が悪いとのこと。

Dscf0716

それでも水辺にはクリンソウが群生していました。

Dscf0717

千手が浜の桟橋は工事中で、遊覧船が行き通っていました。

Dscf0725

二日目 温泉寺温泉~小峠~刈込湖・切込湖~涸沼~光徳牧場

温泉寺温泉にもクリンソウが咲いていました。

Dscf0731

湯の平湿原の片隅には小屋掛けの湯の湧き出し口がありました。

Dscf0732

刈込湖・切込湖方面の登山道の標識

Dscf0733

金精道路を横切って細い山道を取りついていきます。

Dscf0736

小峠

Dscf0744

大きな岩の上に木々がとりつき生息しています。

Dscf0746

コメツガの常緑針葉樹が繁茂しています。

Dscf0748

刈込湖。雨・雪が少なかったのでしょうか、水面が低く感じました。

Dscf0752

湖畔で手を振る山仲間たち

Dscf0755

切込湖

Dscf0761

涸沼(かれぬま)は文字通り涸れていました。

千葉県柏市や流山市のハイキングクラブの皆さんもランチタイム

Dscf0767

ダケカンバの白黒の木肌は美しい

Dscf0775

なら林が広がる幸徳牧場周辺

Dscf0778_2

幸徳牧場 新鮮な牛乳とソフトクリームで乾杯? 

Dscf0780

新緑の木漏れ日の中を、たくさんのオゾンを浴びて、歩きました。

目的地の湖畔に立つと、そこはクリンソウの花園が広がっていました。

翌日も晴れ渡った青空が広がり、原生林に囲まれた静かな湖畔に

立つと心が洗われました。自然の中にいることに満喫した二日間でした。

★時間がありましたら下記facebookをのぞいてください。

https://www.facebook.com/#!/arai.a.chiaki

2017年6月18日 (日)

蓼科山(2630m)を歩く

6月12日、北八ヶ岳の蓼科山を歩いてきました。

9:51 7合目の登山口 蓼科神社の鳥居

Img_4073

10:50 天狗の露地

Img_4074

10:51 正面には美ヶ原、眼下に女神湖が見えます。

Img_4075

10:51 遠くには雪被る北アルプスの峰々が顔を覗かせていました。

Img_4076

11;32 蓼科山荘 将軍平

Img_4078

11:50 鎖場の急騰

Img_4079

12:16 蓼科山頂ヒュッテ

Img_4080

12:20 正面には馬の背に似た荒船山が見えます。

Img_4089

12:20 南八ヶ岳の峰々も鎮座しています。

Img_4081

12:25 蓼科山の山頂にて

Img_4086

2017年4月 1日 (土)

三頭山

都民の森の管理事務所の登り口から歩きはじめました。

Img_3724

あいにくの50~60cmの積雪でした。

Img_3708

鞘口峠 標高1,142m

Img_3709_2

鞘口峠の展望デッキ付近で小休止

Img_3710

1300m付近の展望

Img_3715

積雪に足をとられながら急騰を登る

Img_3716

三頭山 東峰の展望台にて 山の子の仲間

Img_3719

展望台後景には、左から御前山(1,405m)、大岳山(1,266m)、

馬頭刈山(884m)が見えます。

Img_3722

2017年3月12日 (日)

笠山・堂平山

比企三山(笠山、堂平山、大霧山)の笠山と堂平山を歩いてきました。

9:56 白石キャンプ場駐車場に車を置いて、民家の横の笠山入り口

から登り始めました。

Img_3572

10:04 杉の木立の中から本格的な登りとなります。

Img_3573

10:06 途中に、お堂のような社屋がありました。

Img_3574

11:01 しばらく行くと右手に堂平山が見えてきます。

Img_3577

11:13 笠山西峰手前の杉林の登り

笠山は、地元では「乳房山」と呼ばれているとのことです。

Img_3579

11:19 笠山(837m)山頂

Img_3580

11:38

Img_3581

11:48 堂平山直下の峠?

Img_3585

12:17 堂平山

Img_3586

12:19 頂上まで道路が整備されており車で行くことができます。

Img_3587

12:17 堂平(875.8m)山頂と天文台

Img_3588

登り2時間、下り1時間半の半日で、“お散歩ハイキング”

ができるのがいいですね。

2016年12月29日 (木)

愛鷹山

富士山の南にある愛鷹山の越前岳(1504m)を歩いてきました。

10:00 十里木高原の駐車場より登りました。

Img_3170

10:16 まばゆいばかりの富士山を背にして登ります。

Img_3172

10:21 十里木高原展望台

Img_3178

10:39

Img_3183

10:47 馬の背見晴台付近

Img_3184

10:48 

Img_3186_2

12:06

Img_3195

12:16

Img_3196

12:17 越前岳(1504m)

Img_3199

12:54 富士を後景に全員で

Img_3201

13:12

Img_3203

13:35 ふりかえり 雪で輝く 富士の山

Img_3204

14:15

Img_3209

14:22

Img_3212

14:31 中継塔反射板

Img_3213

14:33

Img_3214

14:41

Img_3218

2016年12月28日 (水)

大洞山~楢木山~明神山(三国山ハイキングコース)

山梨県は山名湖村の三国山ハイキングコースを歩いてきました。

森の駅旭日丘バス停、ここからバスに乗車。

Img_3110

籠坂峠のバス停に着き、そこから大洞(おおぼら)山に向かって

歩き始めます。

Img_3114_2

ここには山中湖村の公園墓地があります。

Img_3115_2

静寂の中に墓地はあり、後方には雪を被った富士山が見えます。

Img_3117

ブナ、ミズナラ、カエデなどの天然林が広がっています。

Img_3119

アザミ平付近からの大洞山(角取山)が見えます。

Img_3121

アザミ平の分岐点

Img_3122

季節には分岐点付近はマツムシソウの群落も見られるとのことです。

Img_3123

晴れ渡った冬の空が広がり、気持ち良い山行となりました。

Img_3125

Img_3126

山すそを 大きく広げ 富士の峰

Img_3130

Img_3131

なだらかな大洞山山頂(1383.5m)

Img_3134

Img_3135_2

自然のいたずらか?窪んだ幹が再び成長しています。

Img_3136

雑木林の中は木漏れ日であふれていました。

Img_3137

楢木山(1353m)頂上

Img_3140

ズナ坂峠から三国峠に向かって歩きます。

Img_3141

Img_3145

三国峠付近。ここから明神山(鉄砲木ノ頭)に向かいます。

Img_3146

明神山手前の登り道

Img_3147

富士山、手前には山中湖が見えます。

Img_3150

明神山 山中諏訪神社奥宮

Img_3152_2

山中湖・パノラマ台に向かって下山します。

Img_3153

パノラマ台。ここから山中湖までは約30分程の道のりです。

Img_3156

2016年11月23日 (水)

鼻曲山

群馬県倉渕村の鼻曲山をハイクしてきました。

二度上峠からの浅間山の雄姿

Img_3060

鼻曲山の登り口

Img_3062

獅子岩

Img_3064

朝の陽光に輝く苔

Img_3065

氷妻山(ひづまさん:1467m)頂上

Img_3076

アップダウンのコースを歩く

Img_3070

鼻曲山(1655m)頂上より浅間隠山を望む

Img_3074

右から霧積から剣の峰(1429m)、角落山方面が見えます。

Img_3080

紅葉の終わった山々は、木々が葉を落とし、冬の準備に入っていました。

2016年11月11日 (金)

根本山・熊鷹山

群馬県と栃木県の境にある根本山、そして熊鷹山を歩いてきました。

林道を朝9時20分過ぎに歩き始めました。

Img_2950

9:29 不死熊橋の案内板でコースを確認しました。

Img_2953

9:41 中尾根コースの途中にある小さな祠

Img_2962

10:21 季節のいたずらか? つつじが咲いていました。

Img_2965

10:39 静かな雑木林の尾根コース

Img_2970

10:40 紅葉は山裾に、郷におりはじめています。

Img_2971

10:41 秋の広葉樹の紅葉がひろがっていました。

Img_2972

10:45 四辻付近の紅葉 

Img_2974

11:37 根本山山頂1199m ここでランチタイム。

Img_2980

12:15 もみじの紅葉が見事です。

Img_2989

12:18 カエデの緑に黄葉が入り始めています。

Img_2990

12:29 明るく静かな雑木林はハイキング気分です。

Img_2994

12:35 十二山根本山神社の石祠。

鉄製の斧などが無造作に奉納されていました。

Img_2995

12:57 

Img_3001

13:06 女性カメラマンがシャッターチャンスを待っています。

Img_3004

13:11 雑木林をくだって熊鷹山をめざします。

Img_3006

13:50 熊鷹山山頂1169m

Img_3011

14:11 下山開始

Img_3012

14:36 

Img_3014

14:41 林道に出て、ここから林道を一時間ほど歩きます。

Img_3015

14:41 山の斜面は伐採と植林がすすんでいました。

Img_3017

15:50 出発地にもどりました。 

Img_3019

2016年10月12日 (水)

金精山

10月11日(火)、奥日光の金精山(2242m)を歩いてきました。

10月中旬ともなり、奥日光の山々は紅葉が始まっていました。

Img_2794_2

金精トンネルの登り口から見える金精山の岩壁

Img_2795_2

カエデやドウダンツツジが紅く染まっていました。

Img_2796_2

急登の山道を一歩一歩慎重に歩きました。

Img_2802

男体山を正面に、眼下には湯の湖が見えます。

Img_2801

金精峠にある神社

Img_2804

峠からは目の前に温泉が岳(ゆぜんがたけ:2332m)が鎮座し、

その背後には根名草山から奥鬼怒温泉郷に連なるルートがあります。

Img_2806

ナナカマドが紅い実をつけていました。

Img_2807

正面右寄り、男体山、大真名子、子真名子、女峰山、太郎山

が見えます。戦場ヶ原も顔をのぞかせています

Img_2809

山頂にて1枚

Img_2810

下山途中より金精山方面を眺望しました。

その先には、白根山(2577m)が控えています。

Img_2819

2016年9月10日 (土)

立山・黒部

8月24日(水)~27日(土)立山・黒部を歩いてきました。

<一日目>

扇沢から立山黒部アルペンルートで室堂ターミナルへ

黒部ダムは世紀の大事業として語り継がれています。

Cimg4853_5

迫力のある観光放水に虹がかかっていました。

Cimg4854_2

黒部ケーブルカーは満員の人でにぎわっていました。

Cimg4859_2

トロリーバスに乗って室堂(2450m)に、そこから歩き始めました。

Cimg4860_2

室堂平から高山植物の花々を眺めながら一の越に向かう。

Cimg4869

一の越山荘の目前には立山の主峰雄山が鎮座しています。

Cimg4886

小屋に荷を下ろし、ナップザックで雄山(3003m)をアタックしました。

Cimg4907

雄山の後景には大汝山(3015m)が控えています。

Cimg4908景色

下山途中の眼下に見える一の越山荘

Cimg4919

<二日目>

一の越山荘前

Cimg4920

浄土山を右手に見ながら竜王岳方面に向かう。

Cimg4923

~竜王岳付近(2872m)

Cimg4926

立山の峰々、頂上小屋が見える。

Cimg4960

幸いに天気に恵まれ、涼風の中での山歩きとなりました。

Cimg4962

眼下に黒部湖を眺めながら稜線を歩きます。

Cimg4969

霧が晴れて目前に突然現れた五色が原山荘

Cimg5000

三日目

午前5時27分日の出、朝日が昇り始める。

Cimg5015_2

北アルプスの峰々を眺めながら歩きました。

Cimg5018_2

木道の両側には咲き終わったチングルマが広がっていました。

Cimg5020_2

見事としか言いようがない五色が原のチングルマの群生地

Cimg5024_2

刈安峠(1951m)

Cimg5043_2撮った

平の小屋から撮った黒部湖

Cimg5048

黒部湖畔沿いの木段のアップ・ダウンが続きます。

Cimg5055_2

自然のいたずらか、雪の重みに耐えながら逞しく生きる。

Cimg5056

沢をわたり返しながら目的地をめざします。

Cimg5061

三日目の泊りのロッジくろよん

S003541_2_o1

その夜は、中国人の家族連れグループと中国から一人で日本に

来たという若い女性との交流は忘れられない想い出となりました。

Cimg5070

<四日目>

ロッジくろよん~黒部ダム駅をめざし歩きました

Cimg5072

黒部ダム駅からはトロリーバスに乗って扇沢までの道のりでした。

Cimg5074

より以前の記事一覧